スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
サントリーニ島 シーズンオフのフォトツアー
2013 / 01 / 12 ( Sat )
前回の続きです。

去年の12月31日、大晦日にギリシャのサントリーニ島で、海外挙式とフォトツアーのアテンドをしてきました!

私も、行くまではとっても心配だったんです。29日は、アテネは大雨だったし、週間予報も全国的に雨模様・・・移動日の30日も、アテネ空港では雨でしたが、サントリーニについたら、まさかの快晴!!!!やったー!
でも、夜になってテレビをつければ、アテネから東に1時間ほどのマラソナスという地域では、大雨による床上浸水で、大変な被害との報道。道も川のようになって、近年まれにみる悪天候だったのです。

しかし・・・そんなことはみじんも感じさせないサントリーニ。天気予報では雨でしたが、神様が、ここだけ例外にしてくれたような、晴れてぽかぽかした陽気でした。

この天気が、どうか、挙式のある次の日までもちますように・・・と祈りながら寝て、その願いが聞き届けられたので、本当にラッキーでした!

挙式の様子は、前回ご紹介したとおり。

今日はフォトツアーの写真をアップしますね。

今日の写真は全部、島の北端にあるイアの街です。
フィラからは、車で30分ほどの距離。夕日で有名な場所でもあります。

この場所に上るには、ちょっと勇気が必要です。(私は高所恐怖症でダメかも・・・)
フォトツアーでは、かならず歩きやすい運動靴かサンダルで行きましょう!
DSC_4921.jpg

DSC_4843.jpg

イアの街は、どこを撮っても絵になっちゃうんですよね。
DSC_4876.jpg

こういうちょっとした路地でも素敵ですよね。
DSC_4900.jpg

シーズンオフのフォトツアーでお勧めなのは、観光客があまりいないので、ゆっくり撮影ができること。
もう、この日も、イアの街を一人占め(二人占め?)でした!
夏だと、どこも人が一杯で、どうしても、二人だけの写真を撮るのが大変。
それに、昼間は気温も35度以上は当たり前、日差しも強すぎて、目もあけられないほどです。

その点、シーズンオフはフォトツアーに向いていると言えるでしょう。
お店はみんな閉まっていて淋しいですが・・・・その分、二人の世界に浸れるので、我慢して下さいね(笑)。

価格など、詳しくは、こちらのサイトへどうぞ。
GREEK MEMORY
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

21 : 58 : 26 | フォトツアー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フォトツアーでリカビトスの丘へ
2006 / 10 / 25 ( Wed )
licavitos3


フォトツアーで行く場所に、新しく、リカビトスの丘というオプションも加わりました。

セント・アンドリュース教会は、リカビトスの丘の中腹にあるのですが、住宅街のため、見晴らしがいいとは残念ながら言えません。でも、ちょっと上に登ると眺めの良い、バルコニーのような場所があります。この写真は望遠で撮ったので、実際はこんなに近くは見えませんが、遠くアクロポリスの丘、パルテノン神殿、プラカ、旧オリンピックスタジアム、ピレウス港まで見渡せて、天気の良い日は気持ちがいいです。
04 : 10 : 56 | フォトツアー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アテネのフォトツアー、ヘロド・アティクス音楽堂前
2006 / 05 / 14 ( Sun )
herod2


アテネでのウェディングの後、フォトツアーで良く行く場所に、ヘロド・アティクス音楽堂前があります。この音楽堂は、2世紀にアテネの富裕な執政官ヘロド・アティクスが亡き妻を偲んで建造したものです。ここは遊歩道なのでゆっくり撮影ができる上、バックに世界遺産でもあるアクロポリスのパルテノン神殿が見えるので、絶好のポイントです。周りはオリーブや松の木など緑が豊かで、ギリシャらしい写真を残すことができます。
herod

夏はこの遺跡である音楽堂を使って、アテネ・フェスティバルが行われ、野外の開放感と、古代から息づく芸術を楽しむ特別な雰囲気を体感できます。アーチ型の壁の造形が美しく残された遺跡の野外劇場で、空が夕焼けから次第にラベンダー色に暮れなずみ、やがて夜のとばりが降りる中、コンサートやバレエ、演劇などを楽しむのは、ギリシャならではの醍醐味ではないでしょうか。

また、GREEK MEMORYでは、挙式を行わないお客様のために、フォトツアーのみのご注文もお受けしています。ウェディングドレスとタキシードで、ハネムーン先のギリシャでの写真を残すというのも一案、結婚式はしなかったけれど、やっぱりドレスの写真は残したいという方、海外にお住まいの方も、是非お気軽にご相談下さい。

テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

04 : 27 : 28 | フォトツアー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フォトツアー ザピオンで記念撮影 
2006 / 04 / 07 ( Fri )
アテネでの海外挙式で、結婚式の後、フォトツアーのロケ地として良く訪れるのがザピオン庭園です。

zapion


ザピオンは、アテネの「へそ」シンタグマ広場近くの国立庭園南側にある会議場・国際展示場で、そのネオ・クラシック デザインの黄色い建物、均整のとれた列柱がとても美しいです。出資者のザッパス兄弟の名前をとり、「ザピオン」と名づけられました。この建物は、19世紀後半に、デンマークの建築家、セオフィルス・ハンセン氏によって建てられました。パネピスティミウ通りにあるアテネ大学の一部も、彼によるデザインです。

zappion2


ここは、2004年のアテネオリンピックの際、本部や報道機関のためにも使用されました。前の広場では、四季折々、様々なイベントが催され、2月のアポクリエス(カーニバル)のお祭り期間は、週末に仮装した子供たち(大人もOK!)がたくさん集まり、そのかわいらしさを競います。移動遊園地が設置されたり、屋台が出たりして、とても楽しい休日が過ごせますよ。

周囲の広大な国立庭園は、もともとはオットー国王の王宮付属庭園で、中には、ギリシャ産の6000種類ともいわれる植物や木が一同に集められ、小さい動物園や、あひるの池、亀や魚のいる池もあり、市民の憩いの場になっています。整備されているというよりは、結構、ワイルドな感じですけど・・・

ザピオンの横には「Aigli(エグリ)」という雰囲気の良いカフェがあり、アテネ観光に疲れた時などは、静かでほっとする場所です。(イベントをやっている時は、わさわさしてます!)遠くに、アクロポリスも見えますよ。食事はギリシャ料理というよりは地中海料理で値段は高めなので、外のオープンカフェでお茶をするだけでも良いのではないでしょうか。

春には、前に広がる噴水のあるフランス式庭園に色とりどりの花が咲き乱れ、とても綺麗です。そのカフェの隣にはオープンシネマもあり(夏季のみ営業)、くれなずむ夕景とともにビールを飲みながら映画を楽しむのも、ギリシャならではの過ごし方かもしれません。(まだ明るいうちは画面が良く見えないのが難点ですが・・・)
21 : 55 : 23 | フォトツアー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。